山村塾 望診法講座 中級5

これまでの猛暑が嘘のようにすっかり秋らしくなってきました。

8月がお休みだったので久しぶりの山村塾、今回はちょうどこの
季節活発に働く肺と大腸について。

日本人は肺や大腸の病気が多いとのこと。
それらはとても密接に関係し合い、例えば過敏性大腸炎なども肺に
たまった水気を排出することで改善されることも。
咳止めの薬を飲むと便秘になる場合もあるそうで、体は部分部分で
独立して働いているのではなく、それぞれ密接に関連し合っている
ので、その部分だけを治すだけでなく、一見関係のない臓器の働き
を高める方が効果的なこともあるそうです。

効果的な食材としては黒豆や小豆、ごま、ごぼう、黒いこんにゃく
大根など。

ところで最近良く耳にする酵素断食などに使われる酵素ですが、白
砂糖やオリゴ糖など強い甘味を原料に使うケースが多いので特に
日本人の体質には負担が大きいようです。
強い甘味は体の水分コントロールを悪くしてしまうので、特に湿気
の多い日本には不向きなのでほどほどに・・・

*****
まばたきが多いの人は食べ過ぎ飲み過ぎで肝臓が弱っていることが原因だそうです。
膝痛や視力にも関係・・・まさに私^^;



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
どちらかクリックしていただけると嬉しいです^^
[PR]
by ukulelelife | 2011-09-25 09:23 | 望診 | Comments(0)


ココロとカラダとチキュウに優しい暮らし。ウクレレを奏でるような心地よい毎日。


by ukulelelife

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

検索

日々

ブログジャンル

画像一覧